建築日誌  ~寒暖厳しい東北の盆地に建てる北洲ハウジングの家~

「砂場に落ちた針を拾う」土地探し、ハウスメーカーを巡り「北洲ハウジング」にたどり着くまで、「建物建築過程」、「住み心地」、、、等々を綴っていきます

カテゴリ: 土地探し

「土地取引状況調査票」というものが国土交通省から届きました。これは「国土交通省では適正な地価の形成を図るため、公示地価の判定等様々な土地政策を行っており・・・(中略)・・・不動産取引の実例をできる限り多く収集し、蓄積することが不可欠なことから、公示されて ...

土地については2月下旬に資金決済をしてから、北洲ハウジングで高低差の測量を行ったり、地盤調査を行ってますが、ほとんどこれといった動きはありませんでした。引渡し前に、前の所有者さまが水道管の引込み工事を行ったので、前面道路のアスファルトが新しくなっているくら ...

2019年2月21日今日は土地資金の残金決済を行ってきました。土地から購入し自宅を建てられた方は皆さん感じるようですが、土地の残金決済は本当にあっけなく、何のドラマもなく終わってしまいます。銀行の応接室に売主さん、買主(私)、仲介業者、司法書士が集まり → 司法 ...

2018年12月8日 某大手ハウスメーカー系不動産会社との打ち合わせ北洲ハウジングの事務所で北洲の担当君と今回仲介をお願いする某大手ハウスメーカー系不動産会社の所長さんと、打ち合わせしました。メインは提示価格をどうするか、です。最初に低めの価格を提示して、そこか ...

妻と私たちの家造りについて話し合い、結論を出しました。「北洲にしよう。」もし今回土地が決まらなかったとしても、また一から土地探しをし、北洲ハウジングで家を建てようと決めました。もちろん、学区内の土地が必ず見つかるわけではありません。それでも、北洲ハウジン ...

手紙を送って数日後。2018年11月30日 17:30過ぎ 北洲ハウジング担当君から電話がありました。「たった今、所有者の方から話を進めたいと連絡がありました!!!」しかも今回は、売却に後ろ向きだった奥様からの電話です。奥様から電話があったと聞いて直感的に「流れが変わっ ...

積水ハウスからは分譲開始の連絡がありました。申込すれば希望の学区内で家を建てられる可能性はあります。断熱性能の疑問を払しょくできないまま(自分なりに納得できないまま)、話を進めるのか?自由設計なのか?大屋根なのか?ダイン?アルセコ?鉄骨系?2×6?最新設備 ...

2018年11月3日 第一希望の土地の所有者の方から一度コンタクトがありましたが、その後の進展は全くありませんでした。2018年11月12日北洲ハウジングの担当君が所有者の方に電話するも不在その後も何度か電話するも不在(留守電にはメッセージ残す)2018年11月20日北洲ハウジ ...

2018年11月3日 土地所有者からの連絡夕方、北洲ハウジングの担当君から携帯に電話が来ました。「来週の完成見学会の案内かな?」外出中だったこともあり電話には出ず。家に帰りメールをチェックしたところ、担当君からメールが入ってました。調査依頼していた土地の所有者で ...

2018年10月13日 不動産業者訪問地元の工務店の構造見学会に参加した際に、土地探しから始めていることを話したら、「本気度を示すためにも、直接不動産業者を訪問すべき」とのアドバイスを受け、まずは学区内の物件に強そうな地場の不動産業者を訪問してみました。この会社 ...

↑このページのトップヘ