北洲ハウジングでは引渡し時に、Q値、UA値、C値を記載した

「住宅性能報告書」

を渡してくれます。



Q値とは、
「どれくらい熱が逃げにくい家なのか」がひと目でわかる数値、「熱損失係数」のことです。
住宅の断熱性が高ければ高いほどQ値は小さくなり、Q値が小さい家=熱が逃げにくい家=冷暖房の効率がよく省エネ性能が高い家、となります。


具体的には家の中と屋外に1℃の温度差があった場合、1㎡の「床面積」当たりの熱の逃げる量を算出したもので、数値が小さい方が断熱性能が高い家になります。

Q値を見る上でのポイントは

「床面積」当たりの・・・

というところです。
つまり家の形状や、間取、窓の大きさや性能によって実際の数値が大きく変わってしまうのです。
床面積で割るので、計算上は、凹凸がなく、正立方体に近い、サイコロのような形の家の方が、数値が良くなります。




UA値は、
「外皮平均熱貫流率」のことですが、
家の中と屋外に1℃の温度差があった場合、1㎡の「外皮面積」当たりの熱の逃げる量を算出したもので、Q値と同じように数値が小さい方が断熱性能が高い家というこになります。

Q値との違いは、「Q値=床面積」で割るか、「UA値=建物の外側の面積」で割るかなのですが、UA値は「外皮面積」で割っているのでQ値のように建物形状に影響をされにくいので、ZEHなどの最近の省エネ基準に採用されています。

Q値よりもUA値の方が実態に合ていると思えますが、各ハウスメーカーのカタログやホームページに記載されているUA値は最も断熱性能が高くなるモデルで「計算」している数値なので、実際の家では2~3割程度数値が悪化してしまうようです。

しかも、Q値、UA値とも、断熱材に何を使っているか、窓などの開口部の性能はどうか、開口部の大きさはどうなのか・・・等々の断熱性を机上で「計算」しているだけ。

当然、施工の完成度(職人さんの腕前)は家ごとに違うので、この数値がその家独自の「気密性能」を示すものではありません。


「断熱性能」「気密性能」と微妙な言い回しをしていますが、

家の快適性は「断熱性能」×「気密性能」で決まります。

いくら断熱性能が優れる材料を使って家を建てても、施工が中途半端で、隙間だらけの家になってしまったのでは快適な家とは言えません。
一方、費用対効果の観点から断熱性能はある程度のレベルに抑えつつも、しっかりとした施工が行われれば、快適な家になると思われます。



そこで重要になってくるのが「C値」です

C値はQ値、UA値と異なり、完成後の建物に機材を持ち込み、実際に測定しますので、
その家の間取りや施工状況を反映した実際の気密性能を示す数値となります。

しかし最近では、費用負担がかかることと、
Q値、UA値という机上だけで算出できる数値もあるで、
わざわざ機材を持ち込みC値を測定するメーカーが少なくなってきているようです。



BlogPaint

実際にはこんな機材を使い測定します。

この機材を使い室内の空気を屋外に放出し、その時の通気量と圧力差から隙間面積を算出します。
つまり、隙間が小さければ少ない通気量で圧力差が大きくなり、逆に隙間が大きければ、いくら通気量を多くしても圧力差は大きくなりません。
なお、測定は「完成後の住宅で測定する」ということがJIS基準で定められています。




BlogPaint

BlogPaint

そして、こちらが私たちの家の数値です。

Q値=0.93W/㎡・K

UA値=0.33W/㎡・K





そして、なんと C値=0.2㎠/㎡!!!!!




施工管理担当君からは
「これまで100棟ほど担当してきましたが、C値=0.2は2回目です!」
と言われました。



小数点以下は第1位までしか示されていませんので、この数値が0.20㎠/㎡なのか0.29㎠/㎡なのかはわかりません。


私たちの家の延べ床面積が141.52㎡なので、
仮に最も悪い数値の0.29㎠/㎡で計算しても、
0.29㎠/㎡×141.52=41.04㎠

41.04㎠がどのくらいの大きさなのかというと、


わずか「名刺」サイズ!


これは、私たちの家全体でわずか名刺サイズの隙間しかないことを示してます!


平屋で、屋根勾配も緩やかな家の方がいい数値が出やすいそうなのですが、
2階建で勾配が急な大屋根で、更に大きな吹き抜けもあるこの家でこの数値は驚異的!


さすが、「アルセコ」ダブル断熱の気密性能!


そして、職人さんたちがキッチリと丁寧な仕事をしてくれたおかげです!!!
C値はQ値やUA値と異なり、施工状況にも大きく影響されるのです。



しかし・・・
実際は、木造住宅は建築後2年くらいは木の収縮・拡張を繰り返すそうです。
北洲ハウジングの家は三層フロアーの床板も固定していないので、歪みや隙間がでることがあるそうです。

今はまさに盛夏の時期で、特に今年は湿度もかなり高く、木も膨張しているので、C値もいい数値が出たのかもしれません。

これから寒くなり、乾燥し、木の収縮がすすめば、この数値は出ないのかもしれません。




北洲ハウジングにはぜひ、建てて数年後の気密測定も行ってほしいものです。




それでも引渡しの日、外は軽~く35℃を超えた猛暑日だったのですが、室内は快適そのもの。

エアコンの温度設定は最初は26℃で設定していたのですが、
やがてエアコンが効き過ぎていると感じ、施工管理者君がエアコンの温度設定を28℃に上げた次第です。

エアコンの温度設定を26~28℃としている中、支店長が壁や窓ガラスの表面温度をセンサーで図っていたのですが、27℃位の快適な温度で一定しています。

エアコンの温度設定が26~28℃にもかかわらず、優れた断熱性能のため壁の温度も同じくらいになるので、輻射熱が感じられず、体温より低いので快適に感じられます。
さらに、シーリングファンからの緩やかな風も感じられるので、体感としては設定温度よりも涼しく感じられるのです。


断熱性能が劣る家や、しっかり施工されていない気密性の劣る家、鉄骨系の家では、エアコンをガンガン効かせても、壁や柱が熱いままなので、
「体感は全然涼しくないけど、エアコンからの風が冷たくて手足が冷える」という状況になってしまいます。

「暑さ寒さの原因・・・わかってきたこと」




夏場のエアコンの設定温度が高めでいいということは、消費電力も少なくエコな住宅になっているはず!
そして冬も温めた空気が外に逃げないので、家中が暖かく保たれるはずです。

夏場や、冬場の電気の使用量がどれだけ抑えられるか楽しみ!

「北洲ハウジングの断熱性能」+「センターリビング」+「シーリングファン」
で真夏も真冬も温度差のない快適な家が実現できているか!?
についてもこれから綴っていきます!




そして、
なにより、
この快適な家に早く引っ越したい!



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


一戸建てランキング