リビングもだいぶ完成に近づいてきました。



間取りを考えていた時に、最も重視したのはリビングを中心にした回遊性のいい間取りです。
「間取り プレゼンテーション」

そして、リビングを真ん中に置くことで、家全体に快適な空気を循環させられるのではないかと考えていました。
「暑さ寒さの原因・・・わかってきたこと」



だから、リビング内の設備にはいろいろとこだわりました。






そう、主役は「リビング」なのです。








こだわり、その1

20190614084926-0.0,0.01

IMG_6535


以前も紹介しました 3連の窓!




北洲ハウジングで家を建てようと最初に思ったのは長町展示場を訪れた時からでした。
「北洲ハウジング 長町展示場」


打ち合わせの中で、

長町展示場が一番気に入っていること、
冬でも日射しが入るように高窓をつけたい、

という希望を伝えており、


最初の「間取りプレゼンテーション」の時から、この「3連の窓」を提案していただき、
多少の変更はありましたが、提案当初から採用を決めていました。



長町展示場は4連窓ですが、やはりそこはモデルハウスと現実は違いますので・・・。



冬でも高窓から日射しが入り、暖かく過ごせるのが楽しみです。








こだわり、その2 

20190614084618-0.0,0.01

 
ビンテージ風の梁!!



これも長町展示場からの影響大です。


長町展示場の吹き抜けの梁は真ん中に白い板が張られているタイプですが、
(すみません、正確な名前がわかりません・・・)
私たちは長町展示場の主寝室や、
残念ながら取り壊されてしまった「紫山展示場」(グッドエイジング個別ツアー&本社ショールーム
のキッチンで使われていたような、ビンテージ風の梁にしました。


梁は当初から絶対つけたいと考えていたのですが、「長さをどうするか?」でかなり悩みました。


北洲ハウジングの家は、通常2階の中央付近の天井はフラットになるのですが、
長町展示場は「船底天井」になっており、勾配天井がフラットになる部分を超えて建物の中央まで続く構造になっており(フラットな部分の面積が小さくなっています)、
その結果、長い梁がまっすぐ天井の中央まで取り付けられ、吹き抜けがより広く見えるような視覚効果を得ています(文章だけの説明ではわかりにくくてスミマセン、、、図面をお見せできればいいのですが。
実物はこちらから → 長町展示場 )



長町展示場のように梁を長くするのか
(予算は当然 ↑ )、、、

天井のフラットな部分は変えず、梁も短めにするのか
(予算は若干 ↓ )、、



梁を取り付けるのは勾配天井なので、設計の過程で図面を見ると実際の長さよりもどうしても短く表示されてしまいます。

「本当にこの長さでいいのだろうか?」

と、何度も何度も頭の中でイメージを繰り返していました。




実物を実際に見るまで不安でしたが、イメージ以上の仕上がり!









こだわり、その3 

IMG_6648


IMG_6649


初公開!ODELICの6枚羽のシーリングファン!!!





センターリビングにし、家全体に快適な空気を循環させるための、最重要アイテムです。
「暑さ寒さの原因・・・わかってきたこと」


3枚羽や4枚羽と比べ、この6枚羽の特徴は

なめらかな風になりやすく、
少ない電力でもより多く風が送れ、
DCモーター搭載で静か、
そして、羽が通常よりスリムで長くスタイリッシュ!

最初は4枚羽のもう少し安いモデルで考えてましたが、これをカタログで見つけて即決でした!



家づくりを考え始めた頃は

「シーリングファンなんて飾りでしょ」

程度にしか考えてなかったのですが、
シーリングファンをつけた妻の友人の新築の家にお邪魔した時に、
しっかりと風が循環する感じがあり、暑がりの私でも「ゆるやかな風が涼しくてなかなか快適」だったので、
設計当初から採用を考えていました。






こだわり、その4

IMG_6645


こちらも初公開 TV裏の石積の壁!!!!




これは壁紙ではなく、、、本物です。




実はこれも長町展示場の影響を受けてます。

長町展示場の主寝室では同じような煉瓦風の壁が使われ、TVは置かずに絵やオブジェがお洒落に置かれています。

それから妻の友人が新築し、「大谷石」をTV裏にあしらっていたのも参考にしました。


色も何種類かありましたが、ポイントカラーの「こげ茶」にしました。






2階から見下ろすと、、、

IMG_6663


IMG_6664


想定以上の「いい仕上がり」!




「リビングを真ん中に配置し、快適な空気を全体に循環させる」

という機能的な目標が達成できたかどうかは住んでみてからになります。





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


一戸建てランキング