86a408c00fe069ba53bb9c0cd85fa904_s

18:30頃から夜の飯坂展示場を訪問してきました。

照明について打ち合わせをしてきましたが、どうもしっくりこなかったので、夜の展示場訪問をICさんから提案を頂きました。

展示場は他のハウスメーカーも含め何ヶ所も見てきましたが、これまでは構造や間取り、設備を中心に見てきたのに対し、今回は照明だけを見に行った感じです。


家が完成するまでに打ち合わせは 間取り → 設備 → 内装 と順に進んでいきますが、打ち合わせが進んでいくにしたがって展示場を見る時の着眼点も徐々に変わっていきますので、みなさんにも契約を結んでからも納得するまで展示場訪問や完成見学会に参加することをお勧めします。 


展示場は17時に終了しているのですが、今回は我々のためだけに特別に案内してもらいました。
他社のハウスメーカーの展示場も何棟か明かりがついていましたが、お客さんがいる気配はなく、おそらく打ち合わせなのでしょう。

北洲ハウジングは契約すれば終わりでなく、納得するまで付き合ってくれて、一緒に良い家を作ろうという姿勢が改めて感じられます。



リビング、ダイニング、パントリー、洗面台、トイレ・・・と一部屋ずつ、私のプランと見比べながら照明器具や明るさの説明をしていただきました。

やはり図面やカタログだけでイメージするのと、実際に見るのでは、納得感が違います。


当初は階段に足元灯を付ける予定でしたが、展示場を見学している中で、足元灯は取りやめし、階段と2階ホールを照らすペンダントライトを選ぶことにしました。
また、スイッチの配線も動線を改めて確認した結果、一部変更することにしました。

そして、最後まで悩んでいたリビングの吹き抜け部分の照明も、拡散光タイプのブラケット照明にし、床と天井を同時に照らすイメージが出来上がりました。

あとはどのような照明器具を選ぶかです。








にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


一戸建てランキング